厄除けとは、中国から伝わった陰陽道の教えで平安時代に貴族などにより始まりました。
厄除けなんて迷信だ。そう言われる方もいらっしゃいます。
でも、以外に身の回りに、厄年のあたりに体調をくずしたり、思いがけない災難にあったり、という人もいるはず。厄年は医学的にみても体の変調を起こしやすい年頃といわれています。
ご自分のためだけでなく、ご家族の笑顔を健康を守るために厄除けをおすすめします。

厄除けの方法として、厄年の始まる新年の早い内にお寺や神社、専門家などにお祓いしてもらうことがよく知られていますが、他にも厄除けになる物を身につける、という方法もあります。
古くより厄年の人には厄除けの物を贈るという風習が日本にはあり、その人が厄年に健やかに過ごせるようにと肌身離さず身につけられるものを贈ったと言われています。

七福神厄除け七色ブレスレット 女性用内径15.5cm

オススメする厄除けアイテム

厄除け七色パワーと、幸運をもたらす七福神とが合わさったブレスレット。厄年でない方でも「お守りの石」として身に付けられます。

女性は直感力に優れており、「厄」にも敏感だと思われますので、身につけて不安を取り除いてみてはいかがでしょうか?

■水晶10mm七福神彫り金色
■タイガーアイ10mm
■カーネリアン10mm
■オニキス10mm
■アメジスト10mm
■水晶みかん型6×3mm
■アベンチュリン10mm
■ローズクォーツ10mm
■シトリン10mm